企業が取り組む盗聴対策の方法とは

盗聴から企業を防衛する方法とは

盗聴は、個人宅を狙う物もありますが、企業をターゲットにした盗聴もあります。

特に、最近は情報管理の重要性が企業内部でも認識されてきて、パソコンなどの電子機器のセキュリティに力を入れている企業もありますが、盗聴に対する防衛がおろそかになっている企業があります。

 

企業が盗聴のターゲットにされる理由として4つのことが考えられます。

 

・競合他社の嫌がらせ
・従業員による顧客情報など企業の機密情報の転売
・上司が部下を監視・管理するため
・第三者による愉快犯的な理由による盗聴

 

こうした理由は、どのような企業にも当てはまる危険で、情報セキュリティを強化するなら、盗聴は無視することはできません。

 

企業の盗聴対策と防衛ですが、個人宅の盗聴対策と同じように、盗聴発見業者に依頼をして、調査してもらうというのが一番確実で、一般的な方法となります。

 

ただし、企業をターゲットにした盗聴は、個人宅を狙った盗聴より、大掛かりな物もあり、特殊な盗聴器を使った盗聴の被害も報告されていると聞きます。

 

盗聴器の発見はAkai
盗聴器についてもっと詳しい情報を調べることも、盗聴対策では重要です。どのような盗聴器があり、その対策方法について調べてみましょう。

 

そのため、盗聴発見業者選びでは、企業からの依頼に対応してくれる業者を探す必要があります。

 

・特殊な盗聴器が発見できる。
・盗聴器が見つかった時の対応までしてくれる。
・盗聴の防止対策についてアドバイスしてくれる。

 

これらの条件を満たす盗聴器発見業者を探し、盗聴から企業を防衛する方法についてアドバイスと調査をしてもらってください。